【ビジネス書大好きマン】   あわやんブックス

みんなが気になるビジネス書を紹介♪

読書感想89『調べ方の教科書」』by阿佐見綾香

 

 

「調べ方の教科書」というタイトルで、著者は阿佐見綾香さんです。この本は、ヒット商品やサービスを生み出すためのマーケティングリサーチの方法を紹介しています。

1. あらすじ

「調べ方の教科書」は、マーケティングリサーチの重要性と方法を解説する一冊です。著者である阿佐見綾香さんは、電通の戦略プランナーとして長年の経験を持ち、その知識を本書に活かしています。本書では、論理的思考と非論理的思考の両方を取り入れ、広く探索し深く考察することの重要性や、アイデアを生み出すための具体的な手法、そして思考プロセスのクリアな記録方法などが紹介されています。

2. 学べること

この本から学べることは大きく分けて3つです。まず、考える技術の理解と活用によって、人生をより充実させる方法を学ぶことができます。次に、問題解決やアイデア創出に役立つ技術や手法を習得できます。最後に、考えたアイデアを評価し実現に向けて改善していくスキルを身につけることができます。

3. どんな人が読むべきか

この本は、新しいことを生み出したい、発想力を高めたい、自分の目標を達成したいと考える人々に価値のある一冊です。また、マーケティングや調査に興味を持つビジネス関係者にも役立つでしょう。

4. 発売日

この本は2021年9月21日に発売されました。

5. 感想

私はこの本を読んで、考える技術の基礎から応用までを幅広く学ぶことができました。著者の情熱やユーモアが感じられる一方で、豊富な事例やデータを通じて説得力のある内容でした。また、著者の問いかけるスタイルは読者に深い考察を促すものであり、自分の目標や夢を見つける手助けにもなりました。

「調べ方の教科書」は、調査や考察を通じて成果を最大化するための手法を具体的に学びたい方におすすめの一冊です。ぜひ手に取って、その素晴らしさを感じてみてください。

 
 
 

読書感想88『心が分かるとモノが売れる』by鹿毛康司

 

 

こんばんはあわやんです!

新しい一冊の書籍を紹介します。「心が分かるとモノが売れる」というタイトルで、著者は鹿毛康司さんです。この本は、消費者の心理を読み解き、その心に訴えかけることで行動を変えるための「仕掛け」を作る方法を紹介しています。

 

1. あらすじ
「心が分かるとモノが売れる」は、消費者の心理に焦点を当てた一冊です。著者の鹿毛康司さんは、「消臭力」のCMを手がけた経験を持つマーケターであり、クリエイターとしても活躍してきました。本書では、消費者の心に訴えるための方法や、自身の心を知り、一流の消費者になるためのアプローチ、調査のバイアスを排除し、インサイトを発見する方法などを詳細に説明しています。さらに、糸井重里氏との対談も含まれています。

 

2. 学べること
この本からは、消費者の心にアプローチするための考え方や技術を学ぶことができます。ビッグデータや行動観察に留まらず、深い洞察力から生まれるインサイトの見つけ方や活かし方が学べます。また、自分の心を使って新しいアイデアやコミュニケーションを生み出す方法も学べます。

 

3. どんな人が読むべきか
この本は、新しいアイデアを生み出したい人や、自由な発想を追求したい人、自分のやりたいことを実現したい人、そして人の行動や心理に興味がある人にぴったりです。

 

4. 読みやすさ
読みやすさに関しては、4点を付けました。著者の言葉には熱意や情熱が感じられ、事例やデータを引用することで説得力があります。しかし、心に対する考え方や行動に変化を求められる部分もあるため、勇気が必要な場面もあるでしょう。

 

5. 発売日
この本は2021年5月20日に発売されました。

 

6. 感想
私はこの本を通じて、心に関する基礎的な知識から応用的なスキルまで幅広く学ぶことができました。著者の言葉には、自信や自立の姿勢が感じられ、心を最小化して成果を最大化するための知識やスキルを具体的に学ぶことができました。

「心が分かるとモノが売れる」は、マーケティングやビジネスに携わる方々にとって、貴重な一冊となることでしょう。ぜひ手に取って、その素晴らしさを感じてみてください。

 

読書感想87『パン屋ではおにぎりを売れ』by柿内尚文

 

 

皆さん、こんばんは!あわやんです!

今日は柿内尚文さんの著書『パン屋ではおにぎりを売れ』をご紹介します。この本は、考える力を身につけるための貴重な手引書となっています。

1. あらすじ

『パン屋ではおにぎりを売れ』は、人生において重要な4つの力、つまり「ロジカル思考力」「課題発見力」「問題解決力」「アイデア力」を養うための「考える技術」に焦点を当てています。著者は、自身がベストセラー書籍の企画者として培った経験をもとに、考えるプロセスやその伝え方について詳細に説明しています。本書では、考える技術の基本から応用までを包括的に解説し、「論理的に考える」「非論理的に考える」といった考え方の違いや、創造的なアイデアを生み出すための具体的な手法も紹介されています。

2. 学べること

この本から学べることは大きく、自分の人生をより楽しく、効率的に、有意義にする方法を学ぶことができます。考える技術を磨くことで、問題や課題に対して創造的な解決策を導き出すことができます。また、発想法や評価法を身につけることで、アイデアを具体化し、実行に移すスキルを身につけることができます。

3. どんな人が読むべきか

この本は、新しいアイデアを生み出したい人や、自由な発想を追求したい人、自分の目標を実現したい人、そして考える力を高めたい人にとって価値ある一冊です。

4. 読みやすさ

読みやすさに関しては、4点を付けました。著者の言葉からは情熱とユーモアが溢れ、具体例やデータを引用することで説得力があります。しかし、考え方や行動の変化を求められる部分もあり、その点に向き合うには勇気が必要です。

5. 発売日

この興味深い一冊は、2020年6月24日に発売されました。

6. 感想

私はこの本を通じて、考える力を向上させるための基礎的な知識から応用的なスキルまで幅広く学ぶことができました。著者の言葉には自信と自立の姿勢が感じられ、自分の目標や夢を追求するためのヒントも得ることができました。

『パン屋ではおにぎりを売れ』は、私たちの日常における様々なシーンで役立つ貴重な知識が詰まった一冊です。ぜひ手に取って、その素晴らしさを実感してみてください。

読書感想86『仕掛学』by松村真宏

 

 

こんばんはあわやんです!

今日は村松真宏先生の著書『仕掛学』をご紹介します。この本では、人の心理を読み解き、自然な流れで行動を促し、問題を解決するための「仕掛学」という学問について詳しく解説されています。

 

1. あらすじ
『仕掛学』は、大阪大学松村真宏教授の弟子である村松真宏氏によって書かれました。本書では、仕掛けの定義や分類、発想法、評価法、そして事例や応用例に至るまで、わかりやすく説明されています。仕掛けとは、人の行動を変えるためのトリガーであり、自然な流れで人々を動かすアプローチです。

 

2. 学べること
本書から学べることは、仕掛けを使って人や自分自身の行動を変える方法です。仕掛けの仕組みや効果を理解することで、創造的な解決策を考え出すことができます。また、仕掛けの発想法や評価法を身につけることで、アイデアを生み出し、実現し、改善するスキルを磨くことができます。

 

3. どんな人が読むべきか
この本は、新しいアイデアを生み出したい人や、常識にとらわれない発想を持ちたい人、自分のやりたいことを実現したい人、そして人の行動や心理に興味がある人にぴったりです。

 

4. 読みやすさ
読みやすさに関しては、4点を付けました。著者の情熱的な語り口やユーモア、豊富な事例やデータが、読者に説得力を持って伝わります。ただし、仕掛けに対する考え方や行動に変化を求められる部分もあり、それに向き合う勇気が必要です。

 

5. 発売日
この刺激的な一冊は、2021年11月10日に発売されました。

 

6. 感想
私はこの本を読んで、仕掛学に関する新たな知識を得ると同時に、自分の目標や夢を追求するためのヒントを得ることができました。著者の自信に満ちた言葉からは、仕掛けを通じて成果を最大化するための具体的なスキルや知識が伝わってきます。

『仕掛学』は、日常のさまざまなシーンで役立つ知恵が詰まった一冊です。ぜひ手に取って、その奥深さを探求してみてください。

読書感想85『妄想する頭 思考する手』by暦元純一

 

 

こんばんは、あわやんです!

今日は、一風変わったテーマの本、「妄想する頭 思考する手」を取り上げます。著者の暦本純一さんは、妄想を現実に変えるプロセスを、自らの経験と豊富な事例を交えて紹介しています。この本は、妄想をただの空想ではなく、現実を切り開くための強力なツールとして捉え直すことを提案しています。

 

📘 本の核心

妄想―多くの人が持っている能力ですが、現実離れしていると軽視されがちです。しかし、暦本さんは、この妄想が実は革新的なアイデアの源泉であり、新しい未来を生み出すきっかけになると説いています。本書では、妄想を実現に移すための具体的なステップが、分かりやすく解説されています。

 

🚀 学べること

- 妄想の力**:妄想は、新しいアイデアの創出に不可欠な要素です。
-言語化の重要性:頭の中でぐるぐると回る妄想を言葉にすることで、初めて形になり、実現の可能性が見えてきます。
-妄想の共有**:妄想を他人と共有することで、フィードバックを得られ、さらなるアイデアの発展につながります。
-妄想のトレーニング**:妄想力を鍛えるための実践的な方法が紹介されています。

 

🎯 読むべき人

- 革新的なアイデアを生み出したい方**
- 常識にとらわれずに思考したい方**
- 自分のやりたいことを実現させたい方**
- テクノロジーとクリエイティビティの交差点に興味がある方**

 

📖 読みやすさ

読みやすさは4点を付けました。暦本さんの情熱的で、時にユーモラスな文体が、重いテーマでも楽しく学べるようにしています。ただし、自らの妄想と向き合い、それを具体化する勇気を持つことが求められます。

 

🗓 発売日

この刺激的な一冊は、2021年2月1日に発売されました。

 

💡 感想

「妄想する頭 妄想する手」を読んで、妄想の真の価値に気づかされました。自分の中にある「もしも…」を大切にし、それを現実のものに変えるための一歩を踏み出す勇気をもらいました。妄想をただの空想として片付けず、それを実現するためのプロセスを知ることができるのは、本当に刺激的です。

この本は、あらゆるクリエイターやイノベーター、夢を持つすべての人にとって、ぜひ手に取ってほしい一冊です。

読書感想84『神モチベーション』by星 渉

 

 

こんにちは、あわやんです!

今回のブログでは、「やる気スイッチ」を科学的にオンにする方法を探求した、星渉著『神モチベーション』について深掘りしていきますよ。

 

📖 本の核心

『神モチベーション』は、単なるやる気の出し方ではなく、「ギャップモチベーション」という独自のコンセプトを提唱しています。これは、自分と現実とのギャップを意識することで、内から湧き出るモチベーションを引き出す方法です。著者の星渉さんは、この技術を通じて、私たちがどのようにして自分自身を効率的に動かし、最大の成果を得られるかを科学的に解説しています。

🚀 学べる内容

- やる気の科学:** 自分の中に眠る無限のポテンシャルを引き出す方法。
- ギャップを利用する:** 現状と理想との間にあるギャップをやる気に変換する技術。
- 自己成長の加速:** 最小の努力で最大の成果を出すための具体的なアクションプラン。

 

🎯 読むべき人

- 目標はあるけれど、なかなか前に進めない人。
- やりたいことが見つからない人。
- 日々の生活において、もっと効率的に物事を進めたい人。

 

📚 読みやすさ

読みやすさは4点!星渉さんの筆致にはユーモアがあり、時には自虐的なエピソードも織り交ぜつつ、やる気のメカニズムをわかりやすく解説しています。ただし、自分の内面に目を向け、行動パターンを変える勇気を持つ必要があります。

 

📅 発売日

この一冊は、2021年12月17日に発売され、多くの読者の心をつかみました。

 

💡 私の感想

『神モチベーション』を読んで、自分の中に眠る「やる気のスイッチ」を見つけるヒントを得ました。著者が提案するギャップモチベーションの考え方は、目からウロコでしたね。自分自身の現状に満足せず、常に理想を追い求めることの大切さを再認識しました。

星渉さんの言葉には、強い自信とポジティブなエネルギーが込められており、読んでいるだけで前向きな気持ちになれます。また、実生活で直ちに試せるアイデアやヒントが満載で、読み終わった後には、自分の人生をより豊かにするためにできることが見えてきます。

 

というわけで、今回は『神モチベーション』をご紹介しました。自分自身を動かすための新しい視点を求めている方には、ぜひ一読をお勧めします。あわやんがお送りしました。また次回のブログでお会いしましょう!

読書感想83『エフォートレス思考』byグレッグ・マキューン

 

 

こんばんは、あわやんです!

今回のブログでは、努力と成果のバランスに革命を起こす『エフォートレス思考』についてご紹介します。この本は、グレッグ・マキューンによって書かれた作品で、「どうしたら最小の努力で最大の成果を出せるか」というテーマに焦点を当てています。

 

📚 本の概要

『エフォートレス思考』では、努力をする上での一般的な認識を覆し、仕事や日常生活において、より少ないエネルギーでより大きな成果を出す方法を探求しています。著者は「エッセンシャル思考」の概念をさらに発展させ、単に重要なことにフォーカスするだけではなく、それをどのように「効率的に」達成するかについて深く掘り下げています。

 

🌟 学べる内容

- エフォートレスの原則:** 最小の努力で最大の成果を生み出すための原則。
- シンプル化:** 複雑なプロセスをいかにシンプルにするか。
- 未来の選択を省略:** 一度の意思決定で、将来の無駄な選択を減らす方法。
- 問題の未然防止:** トラブルが発生する前にそれをどう回避するか。

 

🎯 読むべき人

- 努力していても結果が出ないと感じている方。
- 日々の生活が重荷に感じられている方。
- より少ないストレスで、より多くを達成したいと考えている方。

 

📖 読みやすさ

読みやすさは4点!グレッグ・マキューンの言葉には、ユーモアや熱意、そして時には自虐も含まれており、読者を飽きさせません。ただし、自己変革を求める内容は、読むうえで少し勇気がいるかもしれませんね。

 

📅 発売日

この革命的な一冊は、2021年12月8日に発売されました。

 

💭 感想

この本を読んで、努力とは「より多くをすること」ではなく、「より賢くすること」であるという新しい視点を得ました。マキューンの提案するエフォートレス思考は、私たちが目標に向かって進む上でのエネルギー管理について、大いに考えさせられるものでした。この本を通じて、自分の生活や仕事において、いかに効率よく、ストレスを減らしながら成果を上げるかについて考えるきっかけを得ることができます。

 

それでは、『エフォートレス思考』の紹介でした。少しでも興味を持たれた方は、ぜひこの一冊を手に取ってみてください。あなたの努力が、もっと素晴らしい成果に繋がるヒントがここにあるかもしれませんよ!

それでは、また次回のブログでお会いしましょう!あわやんでした!👋