【ビジネス書大好きマン】   あわやんブックス

みんなが気になるビジネス書を紹介♪

読書感想134『辞める人・ぶら下がる人・潰れる人 さて、どうする?』by上村紀夫

 

 

こんばんは!!あわやんです!!

今夜は組織改革と個人のモチベーションに焦点を当てた一冊、「辞める人・ぶら下がる人・潰れる人 さて、どうする?」をご紹介します。この本は上村紀夫さんによって書かれ、組織内で起こる問題の根底にあるマイナスの感情とその解決策を深堀りしています。

 

本の内容
この本では、組織がどのようにして病むのか、そしてその病みが個々のパフォーマンスにどのように影響するのかを解析しています。特に、マイナスの感情がどのようにして発生し、組織内でどのように広がっていくのかに焦点を当てています。この理解をもとに、組織内でポジティブな変化を起こすための戦略が提案されています。

 

学べること
読者は、組織のマイナス感情の発生メカニズムと、それに対処するための具体的な戦略を学ぶことができます。これには、組織内のターゲティング戦略や、個々のエンゲージメントを高める方法が含まれます。

 

誰にオススメ?
この本は、組織の経営者や人事労務担当者、マネジャーやチームリーダーに特におすすめです。また、自分自身のキャリアを積極的に構築し、モチベーションを維持したいビジネスパーソンにも役立つ洞察が満載です。

 

読みやすさ
物語形式で書かれており、具体的な事例を通じて複雑な概念が分かりやすく解説されています。これにより、読者は理論だけでなく、実際のアプリケーションを容易に理解できます。

 

発売日
「辞める人・ぶら下がる人・潰れる人 さて、どうする?」は、2020年3月13日に発売されました。組織の問題を根本から解決したいと考えている方にとって、タイムリーなガイドとなるでしょう。

 

個人的な感想
この本を読んで、組織内の問題に対する新たな視角を得ることができました。特に、組織の健全性を保つために個々の行動がどのように影響するかを理解することができ、非常に啓発されました。

それでは、また次回のブログでお会いしましょう。上村紀夫さんの「辞める人・ぶら下がる人・潰れる人 さて、どうする?」で、より健康的で生産的な組織文化の構築に向けて一緒に学んでいきましょう!